ほうれい線は
シワケアでは、消えない。

ビーグレン
美容施術に基づいた
正しいたるほうれい線ケア※1

※1 マッサージによる ※2 整肌成分

※1 2019年6月7日~8月2日、日本臨床試験協会調べ。N=19
※2 QuSomeリフト使用のマッサージを朝晩1回づつ2ヶ月行った結果。マッサージの方法は下記(2019年6月7日~8月2日、日本臨床試験協会調べ)

7日間「期待「確信へ!

今すぐ美容施術メソッドを実感!

【セット内容】
クレイウォッシュ(25g)/QuSomeローション(12mL)/QuSomeリフト(10g)/Cセラム(5mL)/QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)/QuSomeレチノA(5g)

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア※2 トライアルセット

在庫保証 毎月5,000名様

※1 トライアルセットを使用した30代以上女性の回答。
2021/1/27~2/1(N=21):当社調べ
※2 マッサージによる

ほうれい線はシワではなく、「たるみ崩れ」によって
垂れ下がった頬と、口周りとの境界に生じた溝。
そのため、シワケアしてもほうれい線が消えないのです。

ほうれい線には「たるみ崩れ」を
解決するケアが必要です。

肌密度が低下し、スカスカになっている状態では、
いくらマッサージでたるんだ肌を
引っ張り上げても逆効果。

美容施術の現場では、
肌密度を上げて持ち上げるのが鉄則。

頬のハリ密度を高め、あご周りを引き締めてから、
たるみを引き上げます。

美容施術に基づいた
ビーグレンの
たるみ・ほうれい線ケア

※マッサージによる

※1 2019年6月7日~8月2日、日本臨床試験協会調べ。N=19
※2 ほうれい線改善およびたるみ改善は、QuSomeリフト使用のマッサージを朝晩1回づつ2ヶ月行った結果。小顔効果はQuSomeリフト使用のマッサージによる一時的な効果。マッサージの方法は上記(2019年6月7日~8月2日、日本臨床試験協会調べ)

94%※1が実感した美容施術メソッドで

“たるみ崩れ”「結果を出すなら!

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア※2 トライアルセット

※1 2019年6月7日~8月2日、日本臨床試験協会調べ。N=19
※2 マッサージによる

結果を出す3STEP!

お手持ちのスキンケアに加えて
お使いください

QuSome
フェイスリフト
コンプレックス

QuSomeリフト

マッサージで「引き上げ」と
「引き締め」を可能にする
5成分を複合配合

※ 整肌成分

ハイブリッド型
ビタミンA+E

QuSomeレチノA

レチノールをはじめとした
3種類の「ビタミンA」と
「ビタミンE」を配合。

※ 整肌成分
■乾燥による小じわを目立たなくする
【効能評価試験済み】

高濃度
ビタミンC

Cセラム

素早い手応えで頼りになる
「ピュアビタミンC」を
高濃度で配合。

※ 整肌成分

ひとつでもチェックが入ったら!

試さない手はもうありません!

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット

※マッサージによる

■雑誌掲載実績
『美的』5月号・1月号 『Cセラム』掲載
『LDK the Beauty』5月号 『Cセラム』掲載
『bis(ビス)』1月号 『QuSomeリフト』掲載
『婦人公論』10/13号 『Cセラム』掲載
『美的 GRAND(グラン)』秋号 『Cセラム』掲載
『VOGUE JAPAN(ヴォーグ ジャパン)』5月号 『QuSomeレチノA』掲載
…など掲載多数

こんなに確信が持てる
スキンケアは初めて!
だから、もっと続けたくなる!

浸透力※1が高いから肌実感が変わる!

たるほうれい線ケア※2をあなたの肌で

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア※2 トライアルセット

※1 角質まで ※2 マッサージによる

この3本美容液に

よろこびのお声が続々!

美容液を変えるだけで
こんなに違う
とは。
マスク生活になって
たるんでいたケアもやる気復活!
この先が楽しみです。

美容施術メソッドに
感動しています!
マッサージのおかげで
自信がなかった
横顔も大好きに!

嬉しい変化です。

私たち世代には、
高配合&浸透力
重要だったのですね。
もうこれしかないと確信!
ずっと使っていきたい
お守りのような3本です。

※角層まで

トライアルの後の本格ケアで、さらなる効果を実現。

ビーグレンのスキンケアサービス
[定額制]

どんな悩みの肌にもきっと奇跡は起こせる。
高度なテクノロジーとプロフェッショナルな人材を駆使した、
新しいスキンケアサービス

今までのスキンケアの課題に向き合い、
悩みの徹底分析から医療まで
ワンストップで一人ひとりに合った解決法を提供

・3種美容液から始める7,400円〜
・2ヶ月に1回、変化していく肌に合わせ製品変更が可能

これまでのケアでは実現できなかった
“たるみ崩れ”解決に前進!

ハイレベルな
美容施術メソッドで
ほうれい線悩みを解決

※マッサージによる

あなたのスキンケアが劇的に変わる!

3本美容液トライアルはこちらから

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア トライアルセット

※マッサージによる

ビーグレンは、
一人の主婦のドレッサーから生まれました。

ビーグレン誕生ストーリー

◆ 妻が使っていた化粧品

今から23年前、ビーグレンの生みの親であるブライアン・ケラー博士は、カリフォルニア大学の教授として教鞭をとりながら研究に没頭していました。

当時の彼には、化粧品は研究の対象ではありませんでした。

しかし、自分の妻が目元や口の周りの年齢サインを過剰なまでに気にして、朝晩、長い時間をかけてお手入れしている姿をみて、妻が使っている化粧品は、どんなものなのだろうと興味がわきました。

ある晩、彼女が使っていた乳液やクリームを手にとり、ラベルに書かれている成分表をみて、彼はすぐに、あることに気がつきました。

「これじゃあ、肌には浸透しないな」
「使ってもあまり意味がないかもしれない」

それを聞いた妻は、長年続けてきた自分のお手入れを否定されたような気持ちになり、少しムキになって言いました。

「そんなことはないわよ!つけた翌朝はお肌はしっとりするし、つけ忘れた時なんか、年齢サインが気になって大変なんだから」

博士は妻に言いました。

「それはそうだろうね。化粧水だ、乳液だ、
クリームだと塗ってお肌をこれだけ
カバーすれば、保湿効果はあるはずだから」

実際に彼女が使っていた化粧品には、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンCなど、お肌に効果があるとされる成分がたくさん使われていました。しかし、その成分の大半は、水には馴染んでも、脂には馴染まない成分ばかりで、そのままでは、脂で覆われた人の肌からは浸透しにくく、 肝心の肌トラブルの箇所には届かないことは容易に予測できたのです。

◆ 浸透テクノロジーを駆使した試作品

翌日、早速自分の研究室で、自身が研究する浸透テクノロジーを使い、ビタミンCを配合して美容液のようなものを作ってみました。

そして、それを家に持ち帰ると、妻に1週間だけ試してみてほしいと頼んだのです。

茶色い薬の瓶に入ったその液体を見た時、妻は怪訝な顔をして言いました。

「こんなもの顔につけて、本当に大丈夫なの?」

◆ ビタミンC美容液第1号の成功

翌朝、鏡を見ながら笑顔を抑えても、抑えきれないと言った表情の妻を見て、初めて試作した「美容液」が成功だったことがわかりました。

初めて使う時にはあれだけ、臭いが嫌い、つけ心地が悪い、と文句を言っていた妻が、数日後、鏡に映る自分の顔をながめながら、うれしそうにこう言ったのです。

「お友達に、美容施術でも受けた?って
聞かれちゃった!」

これが、記念すべきビーグレンのビタミンC美容液の第一号です。

◆ 成分を肌トラブルの元まで届ける

その後もブライアン・ケラー博士は、妻のために、乾燥やハリの低下に効果がある成分に、自分の浸透テクノロジーを使ってクリームや乳液を次々と作りました。

ビバリーグレンの母体になる会社が設立されたのは、それからさらに3年後です。今でもビーグレンの基本的な考え方はその時とまったく変わりません。

お肌に効果をもたらす成分を、
浸透テクノロジーを使って
肌トラブルの元まで届ける

ただそれだけなのです。

※角層まで

ビーグレンの浸透技術※1

あなたの肌にも驚きの変化を!

プログラム2

たるみ・ほうれい線ケア※2 トライアルセット

※1 角層まで ※2 マッサージによる